スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacOS XにRailsをインストール

MacOS X 10.3 にRuby on Railsをインストールしたときのメモ
Rubyをインストールする
もともとインストールされているrubyはバージョンが1.6.8と古いので、新しいのをインストールする。
Railsのダウンロードサイトからリンクされたサイトにある「Ruby 1.8.2 Stable for MacOS X 10.3 Panther (dmg)」
というのをインストール。
/usr/local/binに入るので、元々入っていたruby 1.6.8はそのままになる。
RubyGemsのインストール
これもRailsのサイトにあるリンクhttp://rubyforge.org/frs/?group_id=126
からrubygems-0.8.11.tgzをダウンロード。解凍して出来たディレクトリ内で
$ sudo ruby setup.rb
する。

Railsのインストール
$ sudo gem install rails --include-dependencies
で、Rails用のパッケージが大量にインストールされる。
えらく時間がかかるので、気長に待つ。

できあがり。実に素直にインストールできた。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://saltyduck.blog12.fc2.com/tb.php/8-0a002039

MacOS
MacOSMac OS(まっくおーえす)とは、アップルコンピュータのMacintosh|マッキントッシュと共に登場したオペレーティングシステムのこと。GUIの普及に大きく貢献したOSである。現在のOSは技術的に直系ではないMac OS Xであるため、単にMac OSといった場合は概ねバージョン9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。