スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

emacs の中から perldoc -m

cperl-modeperldoc -m 相当のことをやる emacs-lisp 関数。 カーソル付近がモジュール名のデフォルト。
(defun cperl-view-module-src-at-point (module)
   "Visit perl module's source file"
   (interactive 
    (list (let* ((default-entry (or (cperl-word-at-point) ""))
		 (input (read-string
			 (format "View perl module's source%s: "
				 (if (string= default-entry "")
				     ""
				   (format " (default %s)" default-entry))))))
	    (if (string= input "")
		(if (string= default-entry "")
		    (error "No Perl module given")
		  default-entry)
	      input))))
  (let ((file (substring (shell-command-to-string
			  (concat "perldoc -ml " module))
			 0 -1)))
    (if (string-match "^No module found for " file)
	(error file)
      (view-file-other-window file))))
モジュール名を入力するところは cperl-mode からコピペ。

cperl-mode-hookあたりで適当なキーにバインドしとく。俺の場合はこんなの。

(local-set-key "\C-c\C-hm" 'cperl-view-module-src-at-point)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://saltyduck.blog12.fc2.com/tb.php/24-460f9384

[Emacs][Perl] emacs での perldoc 環境整備
以下を参考に perl ドキュメント環境を強化 unwind-protect:emacs の中から perldoc -m perl開発に便利なemacs設定 - hakutoitoi’s blog EmacsでPerl開発する上で必須な設定 #3 - perldoc-m - id:antipop Perlマニュアルの歩き方 - モダンなPerl入門 - モダンなPerl入門 Pe

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。