スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Test::Base の XXX を Data::Dumper フォーマットにする

デバッグのときに XXX とか WWW とか使うようになったのだが、出力がyamlだとどうもピンとこない。で、普通は
use XXX -dumper
しているのだが、Test::Baseを使ってるときは、Test::Baseが(というか中にあるSpiffyが) XXX 等をエクスポートしているので
use Test::Base;
use XXX -dumper
と書くと警告がでる。 そんなこんなで今までyamlで我慢していたのだけど、こうすればよいことを発見。
use Test::Base;
use Spiffy -dumper;
ほんとは
use Test::Base -dumper;
なんて書きたい気分だけど、まあこの辺で妥協。
スポンサーサイト

日常的に使ってるgreasemonkeyスクリプト

ちょっと別の環境に移したくなったので、使ってるgreasemonkeyスクリプトを列挙してみる。

Bloglinesにはてなブックマーク件数をくっつける
http://d.hatena.ne.jp/m4i/20051213/1134425307

del.icio.usにはてなブックマーク件数をくっつける
http://la.ma.la/blog/diary_200512131313.htm

Bloglines に "Post to del.icio.us" リンクをくっつける
http://userscripts.org/scripts/show/3663
bloglineが日本語環境だと、XPath を text()='Clip/Blog This' で指定してるところを text()='記事を保存/ブログで言及' に変えないと動かない。

Bloglines の本文表示を隠す(これは自作)
hbd.user.js
CPAN Recent Changesを溜め込んでしまったときにタイトルだけざっと眺めたりするとき使う。

結局いまだにbloglinesをメインで使ってたりする。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。